株式会社オーディオテクニカ

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問(FAQ)

『 メンテナンス 』 内のFAQ

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • クリーニング方法

    マイクロホンやヘッドホンは肌に触れる製品なので、汚れや細菌類の付着が気になります。 以下に推奨するクリーニング方法は、取扱説明書等で記載している内容よりも更にクリーニングの効果の高い方法です。 製品を衛生的に保つことで、汚れの除去や細菌類の発生を予防することができます。 ■注意事項 新型コロナウィルス(COVID-19)等を含む病原菌に対する消毒/除菌方法... 詳細表示

    • No:1441
    • 公開日時:2020/05/01 17:45
    • 更新日時:2022/09/06 15:14
  • 【メンテナンス】クリーニング方法【AT6036】

    クリーニング方法を以下にご案内いたします。 クリーニングを始める前に、ディスク付属している硬いゴミや、ノンスリップマット及び クリーニングパッドに付着しているゴミ・ほこりなどを取り除いてください。 ディスクの信号面を取り除いてください。 クリーナー液のボトル先端に針などで穴を開け、ディスクの汚れの強いところを中心に1~2滴落とし、 すぐにクリーニングパッドでディスクの中心か... 詳細表示

    • No:348
    • 公開日時:2019/11/11 09:31
    • 更新日時:2022/10/12 16:28
  • 【メンテナンス】クリーニング方法【AT6037】

    クリーニングリキッドを付属のめんぼうに含ませ、ごみやほこりを取り除きます。 次にめんぼうで乾拭きをして、目に見えない拭き残しを除去します。 カセットプレイヤー/レコーダーなどの金属部分の汚れには、ヘッド・クリーニングリキッド1(赤い液)、 ゴム部分の汚れには、ピンチローラー・クリーニングキッド2(緑の液)を、それぞれお使いください。 ヘッドは縦に拭いてください。ヘッドにはギャ... 詳細表示

    • No:343
    • 公開日時:2019/11/08 16:47
    • 更新日時:2022/10/12 16:26
  • 【メンテナンス】クリーナー液が出てこない【AT6036】

    クリーナー液のボトルは蒸発や変質しないように密封されていますので、 先端に針など(例:縫い針、安全ピン、ゼムクリップの先端など)で穴を開けてから、ご使用ください。 詳細表示

    • No:351
    • 公開日時:2019/11/11 10:59
    • 更新日時:2023/06/15 13:24
  • 【メンテナンス】クリーナー液は購入できますか【AT6036】

    CD&DVDクリニカ交換液AT626の生産完了に伴い、クリーナー液のみの販売は終了いたしました。 新しいAT6036をお買い求めください。 詳細表示

    • No:350
    • 公開日時:2019/11/14 16:33
    • 更新日時:2022/10/12 16:32
  • 【メンテナンス】CDのレンズクリーナーとしても使用できますか【AT6037】

    カセットプレーヤー専用です。 CDプレーヤー、ビデオデッキなどでは使用できません。 オープンリール式テープレコーダーでは使用できます。 詳細表示

    • No:342
    • 公開日時:2019/11/08 16:22
    • 更新日時:2022/10/12 16:25

6件中 1 - 6 件を表示